留学しなくても韓国語が話せるようになれる

やらなきゃいけないのはわかってるけど…モチベーションの維持が大変?

ブログ

2019/09/27

語学は短期間で身につくものではないので、地道に努力していくしかありません。

だからこそ、モチベーションの維持が重要になってきます。

 

それはわかってはいるんだけど、どうしてもやる気が上がらない…

人間なら誰でもそんな時がありますよね。

 

やる気が続かないことの方が普通と考える

モチベーションが高い状態というと、炎のようにやる気に満ちている感じをイメージするのではないかと思います。

こういう人は常に語学が上達する方法を考え、空いた時間はすべて語学に費やしています 😎

 

しかし、ここまでできる人はなかなかいないでしょう。

ずっと全力で走っているようなもので、普通の人なら必ずバテてしまいます。

 

だから短距離走を繰り返すのではなく、ゆっくりとマラソンを走るイメージでとり組みましょう。

トライアスロンじゃあるまいし、やる気が続かない方がむしろ普通です。

リラックスして少しづつ、やるべきことを淡々とこなしていば、それが「習慣」になっていきます 🙂

 

準備運動をしてから勉強する

スポーツをする時は、準備運動をしてから練習に取り組むと思います。

同じように、ストレッチをしてから勉強を始めるとか、勉強前の準備運動になるものを取り入れてみましょう。

 

例えば、、、

・勉強用のTシャツに着替える
・軽いストレッチを行う

なんでも構わないですが、繰り返していくことで習慣になれば、スムーズに勉強に取りかかれるようになると思います。

 

楽しみを見つけることも重要

語学はペース配分も大事ですが、モチベーションの維持には「楽しみを見つける」ことも必要です。

・好きな俳優が出ているドラマを見る
・好きなK-popの歌を聴く

こうしたこと以外にも「自分だけの楽しみ」があれば、学習は長続きしていきます。

楽しみによって「やる気」を補給できれば、走り続けることができますね。

 

理想はゲームに夢中になる子供です!

子供は何時間でも、ずっとゲームをしていますよね。

韓国語がそのくらい好きになれれば、どんな勉強でも苦になることは絶対にないですね 😀

 

過去の自分よりちょっとでも前に進めばOK!

語学は「成功体験の積み重ね」が重要です。

・わかれば面白い!
・できれば楽しい!
・勝てば気分がいい!

これはスポーツや他の分野にも共通していることですが、こうした成功体験の一つ一つが「自信」になっていきます。

 

しかし語学は勝ち負けでやるものもないし、なかなか上達を実感しにくいのも事実です。

だからモチベーションが下がることもあるわけですが、そんな時は初心に帰りましょう。

 

韓国語を始めようと思ったきっかけや、語学を始めたばかりの時を思い出してみてください。

その時と比べれば、ずっと前に進んでいるはずです 😉